2011/5/6
先日は楽しいワークショップにお招きいただき
ありがとうございました!!
とても楽しかったし、面白かったです。

Youtube
見ました。

Artから発信されるメッセージはいつも驚くことが多いです。
今回は東北の大地震で被災された方へのメッセージを
こめてワークをやりました。
とても心に残るワークショップでした。

また、ワークショップを開催されるときは
お誘いいただければと思います^^

素敵なゴールデンウィークを♪

直観で絵を描くことを実現したくて参加させて頂きました。

「ジェネシスカード」は真実を教えてくれて面白いです。
いろいろな気づきがやって来ます。
勇気がわいて来ます。
子供のように無心になれ、自分の『中心』にいることを助けてくれます。
皆つながっていると実感します。
どれもとても楽しいです。

先日は屋外で、自分の好きな樹と交流して、その樹のエネルギーを感じて絵を描きました。その樹ときずなが出来ました。いつでも思い出すことができる一生の美しいきずな。

一回ごとに豊かで自由になっていきます。
リラックスして、深い呼吸になっていきます。

ここに参加させて頂いて本当によかった。
ここでの気づきと学びと楽しさを、本来の生き方につなげていきます。

ありがとうございます。

Y.青山

この2日間は特別な時間になりました。
全てのタイミングがぴったりあっていて。
その日の服装までがシンクロしていました。
たくさんの気付きがあってちょっと言葉でうまくいいあらわすことができませんが、
ジェネシス・ウェイとの出会いは大きなプレゼントです。
心から楽しんで描くことができました。
リアンさん、皆さん、ありがとうございました。

埼玉県 M.K.さん

2日間、とても楽しく時間を忘れて集中しました。
絵をかくことが楽しいことを思い出しました。 ひいたカードと絵がとても似ていたり、
メッセージの意味が不思議なくらいはまっていたり、
気づきが多くホントに楽しいです。
これからも楽しく続けられたらいいと思います。
また、次のステップにもぜひ参加したいと思います。
楽しい時間をありがとうございました。

千葉県 R.K.さん

ジェネシス・ウェイの気づき
・創造の源泉 = クリエイティビティという基本。
クリエイティビティから情報をひきだすということ。
・現実面でのクセをアートで修正していけるということ。
・絵のフィニッシュはきれいな絵を描くということでないということ。
・手のクセで描く絵は観念的で正確な情報ではないということ。
・正しい絵(アート)は創造の源泉とつながっていること。
・シンクロにシティによる気づきの響鳴作用は魂の成長を促進している。

兵庫県 Yさん


びっく りコラージュ体験

私は占いが大好きである
先月もご縁あって二人の易者からみてもらったばかりだ
こちらのアートラウンジを知ってかれこれ1年になる
占いすきの私が何度か興味本位で
クラスに参加もしているが、実際自分の直感を感じられるに至ってなかった
けれど無心に絵をかけるのは楽しい

自分が受けた占いと比較するためにリアンにコラージュをお願いした
直感アートでどこまで自分の無意識ゾーンに触れられるかを試してみたかったのだ

1 まず44枚のカードをよくシャッフルして1枚ひく

2 占いたい項目(家族、仕事、健康 etc)を選び、適当に項目別に色紙を選び
好きな形にきる

3 好きな色の台紙に貼り付ける

これだけだ
適当という言葉がよいかどうかだが、かなり適当にやった
近くにいた人と話をしながら、ながら作業という感じでやったので、
正直これでなにがわかるのか不安だった

1で選んだカードを開いてみる

イルカが3頭泳いでいるカードだ

詳しくはあまりにプライベートな話になるので、割愛させていただくが、
イルカのヒレと一つのコラージュの形は連動している
カードにあることと、コラージュを比較していきながら
リアンのインスピレーションで、それぞれの項目の現在の状態と進むべき道が
話されていく どれも「あっ!」「それそれ」と自分でしか分からないメッセージが
語られていく 占いと違う点はこちらが選んだカード、作ったコラージュから
分かる点だ 自分のハイヤーセルフ(大いなる自分)が提示してくれた
メッセージに触れられた、そんな平穏な気持ちでリアンの言葉をきく自分がいた

思考から離れたところで、選んだカード、適当に作ったコラージュ
だからこそ、奥深いメッセージが得られたんだと思う

大いなる自分にアクセスができる直感アートは素晴らしい
思考まみれで、頭でっかちになりがちな現代人にまさしく自分を取り戻す
ための簡単ツールとしてお勧めします

Best regards
Wakana


12月1日(土)

<ジュネシス・ウェイお試しワークショップの体験談>

私は、以前よりカウンセリングの勉強をしたりして、自分と向き合って来ました。今回 はアートを通じて、自分のまわりの人や物とどう関わっているかを見つめる切り絵のワークを体験しました。

まず、はじめにやる事は、ジェネシスカードがプリントされたカップを選びます。

私が選んだのは。。。

このカードがプリントされたカップです。

選んだカップでコーヒーやハーブティーを自由に飲む事が出来ます。実は、このカップ はすごい意味があるのです。。。
そして、ジェネシスカートを1枚引き裏返しのまま置いておきます。それから、小さな折り紙の中から好きなだけ好きな色を選びました。そして、それを人に例 えたり、物に例えたりしました。
私の場合は、紫色は魂・黄色は創作・緑は自然・青は時間・ピンクは優しさ・肌色は自分・オレンジはお金に例えました。

それから、台紙にする為に、自分の好きな画用紙を選びます。ここで、私はめずらしく 紺色と紫色どちらにするか迷いましたが、直感で最初に目に付いた紫色の画用紙を選択しました。
先ほど引いて裏返しにしておいたジェネシスカードは、画用紙の下に伏せたまま入れておきます。そして、選んだ折り紙を自分の好きな形に切り抜きます。
次に、切り抜いた折り紙を自分の好きなようにコラージュしていきます。
こんな風に出来上がりました。
そして、画用紙の下に伏せていた、ジェネシスカードを見て見ると。。。

ちょっと、驚き!!
自分が作ったコラージュと、ジェネシスカードに共通点があるのです!

黄色の創作と太陽の色・オレンジのお金と太陽の形。緑の自然と葉っぱの色・青の時間 と空の色・肌色の自分と大地の色

かなり私の中ではおぉ~!!という感じです。しかし、どこを探しても紫色の魂とピン クの優しさは、カードの中から見つける事が出来ません。何故だろう?と思っていたら。。。
紫色は台紙の色でした。

そして・・・。カップにプリントされたカードを見てごらんと言われて目をやると!!
なんと、そこにはピンクだらけのカードがプリントされていたのでした。

これらを通した自分への気づきやメッセージは、魂は全てとひとつ
自分がやっている創作(きら☆ぴか☆布あ~と)する事でお金も入ってくる。自然との調和、私自身も自然の中の一部。ゆとりのある時間がないとダメな私には 無限の時間がある。自分は大地にしっかり根を張る事で育つ。

これから、どういう方向に進んで行ったらいいのかなぁ~と思っていた私にとって、勇 気の出る気づきやメッセージでした。

他に面白かった事は、他の人達と形や色の共通点が出てきた事です。

一人でやるよりも、数人でやったり、回数を重ねる事で、より深い気づきが起こった り、メッセージがもらえると思いました。
とても楽しくて、奥が深い体験でした。

おくぐら まさよ


楽しく遊びながら自分を見つめさせてくれる「レイアウ ト」のワークショップ

野口直美

当日は何をするのか、ほとんど予備知識のないままに参加しました。
テーブルには一人に一組ずつのジェネシス・カードが用意され、リアンさんの示す課題にそって各人が作業していったのですが、まるでゲームをしているかの ようなワクワクした感じで、あっという間に2時間が過ぎてしまいました。

課題というのは、カードを分類して山を作ったり、1つのテーマでカードを選択してい くというようなことでした。スタート時点では、カードの全容を見たことがなくて、しかも判断がスローな自分には時間的についていけるだろうかという不安が 頭をよぎりました。が、カードを見ているといろいろなイメージが沸いてきて楽しくなり、いつの間にか没頭していたのでした。

一概に分類するといっても、実にさまざまな要素があります。分類する観点、分類する 数、観点による概念の持ち方などなど。ですから、結果は数限りなくあります。そして、カードを見て自分の頭の中に次々と沸いてくるものを、またカードに よって表現するという作業の結果をみると、自分の特性がとてもよく現れているのがわかりました。

特に他の参加者の方々の結果を見せていただくと、自分のものの見方の癖がますます浮 き彫りにされるのでした。しかも、それが誰かに指摘されるのではなく、ゲームの結果としてバーンと出てくるので分かりやすく、自然に受け取れるように思い ました。

「楽しく遊びながら自分を見つめさせてくれる」そんな「レイアウト」のワークショッ プでした。


ジェネシ ス・ウエイ・お試しワークショップ1月6日にワークショップを経堂のジェネシス・アート・ラウンジで受けました。

2時間で、今まで何年もカウンセリングでお世話になっている若林先生と、アートセッ ションや英語で指導をされているリアン先生のサポートの下、テーマを決めてクレパスを使って二枚の絵を描きました。

一枚目は陰と陽のシンボルマークを描き、二枚目は自分が癒される場所としての自然に 溢れた森や海、畑の絵を描きました。

テーマは「統合失調症が治る」としましたが、最初の一枚目の絵は何を書いていいか分 からず、フライドチキンの模様を描いてしまい失敗したと思いました。

しかし、リアン先生が、「統合失調症は両極よ。」と教えてくださり、陰陽のマークを 若林先生に教えてもらい、そのマークを描きました。

「パワフルな絵ね」とリアン先生は誉めてくださいました。

二枚目の絵は自然に溢れた場所を描きました。

「本当に大切なことは、安らかな気持ちでアートに触れ合い、アートとの交わりについて居心地の悪い気分になることはないと確信することです。ジェネシス・カードは、力強く前向きな感情を伴って私たちに働きかけ、その様子はとても魅力的です。ライティング・セッションをもう少し真剣に受ければよかったと思いますが、そのことをがっかりするのではなく、自分が何らかのプロセスの渦中にあるときは、来るものをすべて拒まず受け入れることが大事なのだろうと思います。真剣なメッセージを受け取るために自分が深刻になる必要はないのです。」
KC、アルバカーキ、ニューメキシコ

「今日のセッションは本当に素晴らしかった、ありがとうございます!本当に楽しくアートを創作することができました。私にとって、アートは自分を解放する有効な手段だと思います。リアンさんに話したかどうかわかりませんが、私は本当に長い間アートをやってみたいと思っていました。でもこれまで実行することができなかったのです。アートに触れるとき、私はとても楽しい気分になるのに・・・。リアンさんの助けによって、今では自分とアートのつながりをもっと理解できるようになりました。この経験がこれからの私の人生にどんな影響を及ぼすのかとても楽しみです。」

MS、サンフラン
楽しいです(レベル1に参加して)
私はアート、そして奇跡的なシンクロニシティの体験と共に人生を歩んできました。そこには、驚くほど希望にあふれた偶然の一致が連続して起こりました。それらのすばらしい偶然の一致を観察し、喜び祝うことによって、私たちは宇宙の不思議な力を明らかにしてきました。リアンさんがジェネシス・カードやワークショップを通じて行っている活動は、人生の最も重要な目標に通じることです。リアンさんの成功を祈ります。また、リアンさんが関わるすべての人々が同じように祝福を受けることができるよう祈っています。私たちの体験や活動について詳しくは、以下のウェブサイトをご覧ください。
www.MaGMA.sg
www.facebook.com/MaGMA.sg